パースデザイン出来ました!

2014.04.06 Sunday

0
    未来都市開発 富美本です。

    さて、先般から建築計画を進めている

    SUGOIE巽中1丁目 と SUGOIE鶴橋5丁目の建築パースが完成しました!!

    まずは、巽中から!


    どうですか?
    前面道路も広いし、敷地延長部分も約3メートルとかなり広い設定にしました。

    で、間取りは・・・


    あれ?なんで大きくならんのやろ?(汗)
    小さくて、見にくくてホントすいません

    これは4号地ですね。
    青空リビング付の4LDK、車2台駐車OKです。
    また、ダイニングキッチンとリビング部分をほんの少しですが段差をつけて、
    空間に変化を持たせています。
    その段差を利用して、スタディスペースを設け子供の遊びスペース、勉強スペース、
    お父さんのPC作業スペースに利用できるようにしました。

    照明デザイン計画も順調に進んでいます!!!





    お次は、
    鶴橋5丁目

    3件プロジェクトです。
    こちらも青空ビリング採用です。

    で、間取りはこちら!

    こちらもホント小さくて申し訳アリマセン・・・
    3号地の間取りです。
    なんといっても間口の広さが魅力。
    こちらは、たっぷり余裕のある4LDK。
    2階にスタディスペースが作れませんでしたが、吹き抜けを通じて
    LDKと空間を共有した3階スペースにスタディスペースを採用。
    3階部分の廊下をカーペット(将来的に張り替え可能)にし、直に座ったりゴロ寝したりを可能にします。
    こちらも、照明デザイン計画も順調に進んでおります。



    どちらも、来週中には地盤改良工事に着手する予定です。
    このまま行くと、7月初旬には完成すると思います。

    何せ、6件同時着工という作業を今までやった事が無いので(お恥ずかしい・・・)
    富美本真剣です!!

    完成したら皆さん見に来てくださいね!
    色んなご意見を頂戴したいと思っています!!



    それでは、また進捗をアップいたします!!






















    大阪市内の不動産のことなら

    ●●● 未来不動産販売 ●●● 
    東成区 天王寺区 中央区 生野区 阿倍野区 東住吉区 城東区
    新築戸建 中古戸建 土地 マンション 建築のことならお任せください!

    ◆◆◆ 未来不動産販売のスタッフブログも見てね〜〜! ◆◆◆

    未来グループの代表 富美本剛一 フェイスブック始めました!!



    東京の投資物件のことなら

    ■■■ 株式会社 未来 ■■■
    ワンルーム用地 アパート用地 戸建用地 収益物件のご紹介 東京23区内の情報力に自信がございます

    ▲▲▲ 東京スタッフのブログも見てね〜〜! ▲▲▲

    ○○○ 後藤 東京本店長のブログはこちら!! ○○○

    制震ダンパー標準装備! その効果は?

    2014.04.05 Saturday

    0
      未来都市開発の富美本です。

      さて、本日はSUGOIEシリーズに標準装備されている、制震ダンパーのお話。

      まずもって、耐震・制震・免震の違いってご存知ですか?

      詳しくはこちら!


      ・・・と、非常に優れた商品なんですね(笑)
      弊社が採用しているダンパーは東海ゴム工業のTRCダンパーという商品。
      (TRCダンパーの軽量鉄骨バージョンが積水ハウスのシーカスですね♪)
      私は制震ダンパーを採用するときに10社以上のメーカーと面談し、それぞれプレゼンしてもらいました。
      会社や商品の信頼度はピカイチ! また、重要なのがダンパーを取り付けた際の効果解析の正確さでしょう!
      (東海ゴム工業ってこんな会社です!)

      今回建築するSUGOIEシリーズは、
      ○生野区巽中1丁目4号地
      ○生野区鶴橋5丁目3号地
      です。それぞれ、間取りが決定した時点で制震ダンパー設置の効果を解析できます。

      その結果がこちら!

      巽中1丁目4号地の解析結果

      画像が小さいのでわかりにくくてすいません。
      画像中央より少し下、赤色の部分に-24%と書いてあるのがお分かりでしょうか?
      これは、耐震ダンパーを付けなかった場合と比べて、建物の変形が24%減少したということです。
      ちなみに、耐震等級1の建物ですが、ダンパーを取り付けることで、耐震等級が1つ上がった効果があると出ています。


      次は、鶴橋5丁目3号地

      お分かりいただけますでしょうか?
      こちらは、-38%となっています。
      地震が来たときに、ダンパーを採用していない建物よりも変形が38%減少する。
      これって、大きくないですか?

      通常建物は建築基準法を守って建てられます。
      その際の耐震強度というのは、震度6強から震度7まで耐えられるように設計されます。
      そう、木造も鉄骨もRCも全て同じ強度設計なのです。

      しかし!!
      木造の場合は・・・
      1回目の(本震)地震で震度6強!これにはがっちりガード!大切な家族も守ります。
      しかし、大きい地震の後に必ずやって来る余震・・・
      木造住宅はこの余震に弱いのです。繰り返しゆれることによって、重要な部分のビスや釘が抜けたり
      破断してしまい、構造強度が大幅に減少して倒壊することが確認されております。
      (you tubeにそのような動画がたくさんありますね)

      木造住宅の弱点をカバーするのが制震ダンパーなのです。
      柳の木のようにしなって揺れを往なし、また車のサスペンションの洋に衝撃を吸収する。
      そんな重要な装備なんですね。


      途中で、熱くなってしまい文章が長くなってしまいましたことをお許しください(苦笑)


      さて、こんな重要な装備が標準採用されている住宅と、

      普通の住宅、あなたならどちらを選択しますか?




      以上、弊社商品の設備自慢でした!!






















      大阪市内の不動産のことなら

      ●●● 未来不動産販売 ●●● 
      東成区 天王寺区 中央区 生野区 阿倍野区 東住吉区 城東区
      新築戸建 中古戸建 土地 マンション 建築のことならお任せください!

      ◆◆◆ 未来不動産販売のスタッフブログも見てね〜〜! ◆◆◆

      未来グループの代表 富美本剛一 フェイスブック始めました!!



      東京の投資物件のことなら

      ■■■ 株式会社 未来 ■■■
      ワンルーム用地 アパート用地 戸建用地 収益物件のご紹介 東京23区内の情報力に自信がございます

      ▲▲▲ 東京スタッフのブログも見てね〜〜! ▲▲▲

      ○○○ 後藤 東京本店長のブログはこちら!! ○○○
      1